無力感

マシューがいたところと同じところに老犬がいました。
捨てられたのか放浪したすえかわからないけれど
目は全盲に近いらしく怪我もして腫瘍もできていたらしい。
これではあまり長生きできないな。。。そう思っていた。
このままでは長く生きていられない。
人間に何もしないこの老犬がどうしてここにいるのだろ。
結局、殺処分になった。
最後に人間の手でなでられた時
耳をねかせてうれしそうにしていた写真があった。
このあとこの老犬は人間の手で殺処分になった。
それが人道的措置なのかどうか私には理解できない。
この子の残した最後の顔が私の頭から離れない。
助けてあげられなかった。
ごめんね。。。といって涙を流すことしかできない。

噛みつくといって収容された犬。
マシューだってそうだったけど今はそんなことしない。
たまにご機嫌が悪い時もあるけど
だからって噛んだりしない。
いまもこの子は外にでることを待ち望んでいるに違いない。
お散歩したり外の風の匂いをかいだりしたいに違いない。
だけど今の私にはこの子を外に出してあげることができない。
ごめんね。。。そうしか言えない。

こういう子たちに携わっている限り
無力感からのがれることはできない。
自分のちっぽけさをいつも思い知らされる。
助けたいのにできないでいる。地団太踏んでいるだけ。。。

神様、私に力をください。お願いします。
100508_1731~0001


スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

Dopey

Author:Dopey

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード