FC2ブログ

tussie-mussie

個人でおあずかりしているワンちゃんたちのブログです。

GISTとカルチノイド

  1. 2019/08/28(水) 18:22:29|
  2. 先住犬
  3. | コメント:1
今日はこちらの地方でも
凄い雨です
九州のビックリするような様子がテレビから
ながれてきます
どうぞこれ以上被害が大きくなりませんように

さて、8月も終わりに近づいています
暑い夏ももう終わるのでしょうか
ブレンダの吐き気がおさまらないので
病院へ連れて行きました
以前、胆のう摘出をしているので
吐き気があるとよくありません
暑かったし年齢も若くないし
免疫力の低下かなと
吐き気止めと点滴してもらったら
元気になるだろうと思っていたのです

ところがです
獣医さんからは入院と言われて
エコーと血液検査からは
人間で言う盲腸の辺りに腫瘍らしきものがあって
細胞針の検査をしてもとれないで
バイ菌(だったように思うのですが)がとれるだけで。。。
もう、この時点で私の頭はこんがらがっています

ブレンダ 入院中
(入院中のブレンダに面会した時)

翌日 CTも撮ることになりました

結果を申しますと
やはり盲腸のあたりに3センチくらいの腫瘍と
肝臓の表面も全体的にぼこぼこしていて
なにかあるようだということでした
最短日で手術

腫瘍は両端5センチづつのマージンをとって
無事全部 とりきれました
肝臓も生検にだすためにサンプリングして頂きました

ブレンダ5

本犬はご飯も良く食べ元気です
もともと活発に動く子ではないので
今の状態がたもてれば十分です

ブレンダ9-1


摘出した物の病理検査結果を待ちます
その間に色々調べてみると
消化管間質腫瘍(GIST) ではないかと
推測しました
残念なことに悪性腫瘍です
転移がなければ手術で取りきることが出来れば
予後は悪くないようです
必要なら抗がん剤治療を

結果はカルチノイド
肝臓のでこぼこは転移したものでした

ブレンダ入院中2-1
(左が盲腸の部分、右が肝臓)

GISTも期希少がんですが
カルチノイドも希少がんで悪性腫瘍です
担当の獣医さんも初めてのケースで
人間のカルチノイドと同じ様な症状がみられるようなので
人間の文献を参考にしてくださっているようです
腫瘍科の先生に聞いてくださっても
あまりないなぁということだったらしい
そのぐらい珍しいがんなのだそうです

だからこの先はどうなるのでしょうか?と
質問しても「わかりません」
初めてのことだからどのようになりますという
ふううには答えられないということでしょう
ただ、悪くなるにもその速度はゆっくりなようなので
今のまま食欲もあり、のんびりとしていられるなら
それでいいか。。。と思います
我が家に来て4年
少しでも普通の犬の生活を満喫してくれたら
1日でも長く楽しい日を送ってくれたら
それで良し!と思うことにしました
色々考えだしたらきりがないから
ブレンダがブレンダでいてくれたらそれでいいね

ブレンダ12

余談ですがうちの犬たちはブレンダだけでなく
こうやって半目。。。というか目を開けたまま寝る子が多いのですが
これは珍しいことのようです
病院で看護師さんに目開けたまま寝るんですけどと
いったら驚かれました
みなさんのおうちのわんちゃんはいかがですか?
目 つむってねますか?


スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>