今日もキムリネタですみません。
キムリの血液検査に行ってきました。
再検査です。
前にもお知らせしましたけど6カ月のとき
エイズ 偽陽性だったからです。
偽陽性だから少しは陰性になることもあると
期待していたのですが、キァリアのすぐりさんと
猫ニキビの化膿の状態が同じだったので
あぁ~あぁ~あぁ~あぁ~と思ってもいたのです。
そして意を決して今日 行ってきました。
結果はやっぱり。。。でした。
エイズ キャリアです。
まぁ、キャリアだからって何かかわるわけではありません。
可愛い性格はそのままですからね。

でも、エイプリルフールよぉ~みたいな展開もよかったかな!!

そして今日から2匹とも終日フリー♪
お部屋も安寿がいたお部屋に移動しました。
2匹ともそれぞれに面白い行動をとっています。
すぐりさんはハウスの中で過ごし
キムリは部屋中を探検して回っているらしい。
すぐり36
すぐりさんの毛繕い姿です。
すごいかっこでしょう!
最近は娘のキムリの方が体が大きくなって
しまいました。
こんなすぐりさんも里親様 募集中です。
2歳くらい ♀
しっぽは2cmくらいしかありません。

スポンサーサイト
 2011_04_01



フリーになったらキムリちゃん、絶好調です。
今まで夜のごはんでハウスに戻り
すぐりさんと入れ替わるのですが、
昨日からいやいやになってます。
ごはんもハウスの外で食べるとがんばっています。
夜 寝るのもハウスではなく
人間のベッドの上がいいらしいです。
一生懸命抵抗して見せます。
そんな姿がなんともかわいです。
窓から外を眺めるのが好き
ずっと眺めています。
こんな風に。。。
キムリ30
なんかおかしいでしょ。
人間味たっぷりです。
この格好のまま向きを変えて
右も左も見ています。

ドリスの散歩の時に見つけました。
開花した桜。
さくら
同じ木でも陽のあたる方は3分咲き
日陰のほうはまだまだつぼみもかたかった。
桜を見ていると希望が湧いてくる。
被災地の方々にも見せてあげたいなぁ。。。
きっと元気になってくれるはず。

 2011_03_31



安寿が我が家から巣立って少し落ち着いて
さぁ、今度はすぐり&キムリ親子の番です。
キムリは前に血液検査をしたときに
エイズ偽陽性だったから、キャリアのすぐりと
同じ部屋にいるものの一緒に遊ぶことはできません。
すぐりがフリーのときはキムリはハウス
キムリは今までフリーになったことがありません。
(触れなかったということもありますが。。。)
やっとこの数日、半日くらいですがフリーになります。
その時はすぐりがハウス。
すぐりはさすがに大人でなんとなーく雰囲気で解ってくれて
自分からハウスに入ってくれます。
そうするとキムリは出して~!ってニャーニャーって鳴きます。
ハウスからだすと部屋中を走り回り、自由にできる嬉しさを
体いっぱい表現します。
カーテンに上ろうとしたり、窓枠によじ登ったり
すぐりのまねしてハウスの屋根に乗ったり。。。
本当にうれしそうです。
ハウスの中にいるときは撫でることも簡単ですが
フリーになると触ることも嫌がります。
だからハウスに戻す時が大変です。
逃げて回る。
ハウス、嫌~!と言っているのがよくわかります。
でも、4月にならないとエイズの再検査ができません。
もし、キムリもキャリアならすぐりと一緒にフリーになるし
陰性なら別部屋を考えなくてはなりません。
どちらにしてもすぐり&キムリ親子も赤い糸探しを始めます。
慣れたら凄く可愛い子たちです。
どうぞよろしくお願いします!!

↓初めてフリーになったキムリ
キムリ28
キムリ27
仮名:キムリ ♀ 
もうじき1歳だと思う
しっぽは長くて先っぽがかぎ
白地にキジ柄。茶色も混ざっています
ニァーと言う鳴き声が取っても可愛い声です
ご飯も良く食べ問題なし!
人慣れは時間とともに解決してくれると思います。



 2011_03_29



キムリはいまだにハウスから出ることはできません。
人によっても対応が違います。
それでも小さな進歩が感じられるこの頃です。
本当はベタベタの甘えん坊さんなんだろうとおもいます。
やっと体や顎を撫でさせてくれるようになりました。
キムリ22
身体は後ろ向きですけど
かっこう顔は喜んでいるんですよ

キムリ23
リラックスして寝るときはこんな姿
今までは寝ているときだって緊張しているのが
伝わって来ました。

きっと新しい飼い主さんと時間をかけて
生活していったらかわいい家族に変身すると
思います。
里親様募集中です。
なが~~~い目で見ていただけると
うれしいです。
どうぞよろしくおねがいします。

キムリ ♀ 10か月くらい
避妊手術済み
ワクチン、血液検査済み
食欲旺盛、元気問題なしです!!!

お母さん猫のすぐりさんもよろしくね!

 2011_02_10



すぐりとキムリは親子です。
これに先に巣立ったイズリ(現くら2世)が加わります。
キムリは全く触れない猫でした。
最初の日 私も娘も噛まれました。
今も噛まれたところの爪は変色したままです。
それが少しづつ少しづつ心を許してくれて
今では身体にも触れるようになっています。
ご飯を持っていくと大きな声でちょうだいコールをします。
お母さんのすぐりはエイズキャリアなので
他の子と一緒にできません。
キムリは偽陽性で次の検査まで他のこと一緒にできません。
すぐりは部屋の中で自由ですが
キムリは出たがらないというかケージの扉を閉めておかないと
身体に力が入って身構えます。
扉を閉めた途端に力を抜くように息を吐きます。
でも、昨日あたりからちょっとケージの外に出たがるそぶりを見せる
ようになったので扉を開けておきました。
そしたらあっという間にお母さんのすぐりが
ケージの中にはいってキムリに寄り添い
毛繕いしたり
お尻を舐めてやったり
ふざけて甘噛みしたり。。。
本当はだめなんです。
エイズが移ってしまうかもしれないからです。
唾液感染です。
噛んだ傷口からとか飲み水の供用とかトイレの供用とか
そう云ったことから映るらしいのです。
でもこんな2匹をみていたらダメって言えなくなってしまいました。
うちにきてから3カ月。
本当はずっとこうしていたかったんだろうなって思います。
すぐり&キムリ2
上がすぐり(毛繕いしているほう/母猫)
下がキムリ(毛繕いされてるほう/娘猫)


 2011_02_02




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Dopey

Author:Dopey

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




PAGE
TOP.